宝石ルースの販売 「和み石」 “宝石バイヤー”さん買い付けのお店です

ホーム 合成石 > 合成ルチル
ルース商品一覧
合成石 > 合成ルチル
商品並び替え:

宝石名:合成ルチル(Synthetic Rutile) 別名:チタニア 合成法:ベルヌイ法等 組成:TiO2
1948年に開発された人工結晶で、1950年代にダイヤモンドの類似石として“チタニア”や“チタニアダイア”の商業名で市場に出回りましたが、その後他の類似石(チタン酸ストロンチウム、GGG、YAG等)やキュービック・ジルコニアの登場により姿を消しました。
ダイアモンドと識別する際には、完全な無色でなく淡黄色であることと、分散度が大きいためにファイア(虹色)が強いことが特徴です。またダイアモンドと異なり複屈折性(ダイアモンドは単屈折性)で、複屈折量が大きいため、ダブリング(バックファセットのエッジが2重に見える)が明瞭であることもダイアモンドとの識別に有効です。
ルチル自体は天然にも存在するため、“人造ルチル”とせず、“合成ルチル”と呼びます。(注:天然ルチルは黒色や暗赤色不透明で、合成ルチルとは一見して異なるのがわかります。)
登録アイテム数: 4件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス